ラウドバンドのベース女子道

ReptileのベースNaNa榎戸がぶっこんでいくblog!!

【スポンサーリンク】

女バンドマンの衣装の選び方!!

スタジオラグさんのwebマガジンにも執筆した内容になりますが、衣装についてのお話し!こっちにも貼っときます(多少違ってます)

 

 


バンドの印象って音はもちろんのこと、見た目がめちゃくちゃ大事ですよね。
自分達を表現するのにファッションはとても大切なポイントです。
バンドのコンセプトによって、衣装の選び方は異なるかと思います。
今回は男の中で生きるバンド女子ならではの衣装選びについて綴ります。

 


女ってだけで目を惹く

f:id:ReptileNaNa:20161006001233j:image
ガールズバンドだと話は違ってくるかと思いますが、
男女混合のバンドの場合、女性って目立つんです。

ボーカルのみ女性だったらそれでOK!なんですが。
私はメンバー5人中女性が自分のみのバンドで活動しています。
しかも私はベーシストなんです。

アマチュア時代にも男性に混じっていろいろなバンドをやってきました。
ライブハウスのブッカーや先輩に「出過ぎ」と言われる事が多々ありました。
ボーカル以外の楽器が1人目立つとバランスが悪いと。(MCもしてないし、でしゃばってるつもりはないのです。)

メンバー全員で衣装の色を合わせてみたり、ボーカルより前に出ないようステージングに気をつけたりいろいろ試しました。


そんな中見い出した自分だけ浮かないための技!
・ボーカルの衣装に入ってる色を自分も取り入れる。
・周りの楽器陣と衣装の色を揃える。
・男みたいな格好をしてみたり。

 

いろいろやってみた末。
どうしたって紅一点は目立つんだ!!

目立ってなんぼじゃないですか。
悪目立ちしたとしてもそれで記憶に残って貰えればOKだぃ!と考えを変えました。
どーしたって女だし、女でありたいし、着たい服を着たいんじゃ!
むしろ女を武器にして覚えて貰えればOKなんです。


結果、私は好き勝手着たい衣装を着ています。
今はバンドメンバーにも恵まれまして、周りも個性が強いので悪目立ちはせずキャラクターになったように思います。

 

女の武器は使うべし!


昨今女性バンドマン人口がどんどん増えてますね。
そんな中、楽器を弾ける女子がプチブームになっているのを知ってますか?
・ギター女子
・ベース女子
・ドラム女子
女性が楽器を持ってるだけで注目される時代です。
ありがたや、ありがたや。


先にも書きました通り過去には悪目立ちしないよう気をつけていた事もある私ですが、
今では最近のブームにもあやかりまして「私はベース女子だぜぃ!!」と目を惹くために女の武器をフル活用しております。
せっかく持ってる武器は使わにゃ損そん。

- スカートor短パンで足を出す。
- 胸元を開ける。
- 背中を出す。

 f:id:ReptileNaNa:20161006001354j:image

ターゲットは男性ファンだけじゃないんですよ。
女性でも肌色が多いと気になるものです。


肌を見せる事に抵抗のないバンド女子はバンバン出したらいいんじゃないでしょうか。

より確実に目を引きます。

 

しかし露出には注意点が2つあります。

 

1. ただの露出狂にならぬ事

女の武器だーっと肌を出してただステージに立っていたら、露出狂になってしまいます。
見た目を記憶に残しただけで終わってしまわぬように、もう一つ驚きポイントを作ることが重要です。
「男に負けないものすごい楽器のテクニックがある」だとか、「男に負けない力強いステージング」だとか。

 

 

2. パンツは見せるな

パンツが見えると一気にアホな子になります。
お下品ですのでね、スカートを履くときはちゃんと見えてもいいインナーを履きましょう。
油断してはいけないのが短パンの隙間!です。私、ライブPVにパンツが写ってしまった事があります。
気をつけて下さい。

 

露出しなくともパッと見で女だ!!とわかる格好はオススメです。

 

同じ衣装を何度も登場させない

f:id:ReptileNaNa:20161006001505j:image

女の子の着てる服って印象に残りやすいんです。
これはカジュアル衣装が個々に自由なバンドに限った話ですが、
常連客が見たときにいつもこれ着てるなーってなると侘しいです。

東京、大坂では着たけど、名古屋ではまだこれ着てなかったかな?
なんて、同じ場所で同じ衣装にならないように気をつけたりしてます。

そうは言ってもお金はかかりますしそう何枚も用意できないですよね。
上下の組み合わせを変えるとかアクセサリーを変えるなど少し工夫すると変化が出せると思います。

ファンに、今日はどんな衣装なのかな?っと楽しみに思ってもらいたいのです。

そしてライブ撮影が入るときはなるたけトップスを違う物に変えると良いです。


イベント内容や対バンによって衣装を選ぶ!

f:id:ReptileNaNa:20161006001741j:image

ワンマンにはほぼほぼ自分の事を知ってくれてる人しか来ないので自分の好きな格好をすれば良いと思います。

意識したいのは対バン形式のライブに出演する時。
イベントの趣旨、他の出演アーティストによって衣装を工夫します。


アイドルや可愛らしいガールズバンドと共演する時はいつもより色合いや形を可愛らしく。

メタルバンドと共演する時は女感+メタルT。


的な感じに他のバンドを目当てに来たお客さんにも興味を持ってもらえるよう、対バンに系統を普段より少し寄せます。


逆に男気溢れるハードコアバンドばかりのイベントに真っ赤なワンピースを着て行っても、何なんだあいつは!?って目立てて良いかもしれませんね。

自分達の企画ライブではド派手に
ワンマンやリリースイベントなど、自分達が主催のイベントの時は主役なんですから気合いを入れましょう。
トリを飾る時は派手に を意識しています。

 

 

ステージ下での衣装も重要!

私みたいなインディーズバンドですと、お客さんとコミュニケーションを取る時や物販をする時などイベント中フロアにいる事が多いです。

ステージでスカートを履くからフロアではジーンズ履こうかしら。
ステージは短パンだからフロアではロングスカートにしようかしら。
とギャップも意識してます。

意味があるかはわかりませんが少しでもお客さんに楽しんで貰えればと思っております。


ライブ後は整えてからフロアに行こう!

私は女子力に欠けてるところがあるもので、ライブが終わってすぐ汗だくだくの髪ボサボサで物販に行って声を張り上げていた事があったのですが、
前に一緒にやっていたメンバーに言われました。

「メイク直して、汗ひいてから来たら」

と。

確かに確かに、
来てくれたお客さんとお写真撮ったり、サイン書いたりするのにグシャグシャな顔じゃ嫌ですね。

小さいライブハウスだと楽屋も狭くて、次に控えているバンドさんの為に空けなくてはならないこともありましょうが、ささっとグロスくらい塗り直して女たるもの身だしなみ整えましょう。

 

自分らしさが1番大切

 

いろいろと語ってきましたが、何にせよ自分のキャラクターに似合う衣装が1番です。
女子のファッションは男子より幅が広いですし、変化がある方が楽しいですね。

私の衣装の選び方はこんな感じです。
少しでもバンド女子の皆様に参考になりましたら幸いです。

 

 

バンド女子向け記事

 

 

www.bassnana.net

 

www.bassnana.net

 

www.bassnana.net

 

www.bassnana.net

 

www.bassnana.net

 

www.bassnana.net