読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラウドバンドのベース女子道

ReptileのベースNaNa榎戸がぶっこんでいくblog!!

【スポンサーリンク】

バンドを辞めたくなった瞬間ベスト5

 

10年バンド活動をしてきた私ですが、何度も「もうバンドなんてやめたい」という瞬間を味わってます。
今回は5つご紹介します。

 

2ちゃんねるで叩かれる

 f:id:ReptileNaNa:20161203203044j:image


ちょっとバンドの名前が広まると、おもしろくないと思う人が出てきます。

2ちゃんねるのバンドスレに名前が上がり、
身に覚えのない作り話や、
書き込みをしていないのに「自演おつ」と書かれ、
私の知らないところでとやかく言われていた時。
しかもそれをリアルタイムで知らず「書かれてたよ」と後でスタッフに教えられた時はなんだかちょっぴり恥ずかしかったです。

やめたいLevel.10

 

2ちゃんねるで叩かれたバンドマン - ラウドバンドのベース女子道


先輩からの理不尽

 

f:id:ReptileNaNa:20161203202935j:image
バンドの世界はジャンルやシーンにもよりますが体育会系なところが多いです。
集客数や人気は関係なく、年齢的に先輩を敬い失礼のないよう気を使います。

先輩にくらいついて頑張ってもあっけなく見放されたり、理不尽な事をされたこともありました。(もちろんずっと可愛がって学ばせてくれる先輩もいるので、ついていく人を選ぶ力も大切です。)

 

やめたいLevel.30


打ち上げでパンチを求められる

 f:id:ReptileNaNa:20161203202953j:image

ライブの後には必ずと言っていいほど打ち上げがあります!
遠征中にすぐ移動しなきゃならない時でない限りバンドマンの大事な社交場ですので、メンバーのうち何名かは出た方が良いです。(むしろ出ないと「Reptile1人もいねーじゃねーか」なんて言われたりします。)

私の活動しているラウドロック界隈ではライブでも打ち上げでも「パンチ」が大切とされてます。
面白い事をやるか、
お酒での勝負に勝つか、
より強いパンチを求められます。

まだ私が若手の頃は、先にも述べた通り先輩は絶対!ライブハウスの店長やオーナーは絶対!なバンド社会だったので、他のバンドに負けじと呑んで大変な有様でした。

 

 

今は年齢的にもバンド歴的にも先輩になることのが多いので過去の苦労です。

 

やめたいLevel.65

 

ツアー中の運転

f:id:ReptileNaNa:20161203203350j:image
運転が大っ嫌いな私にはこれはとても辛いです。

行きは頑張れます。
辛いのは、次のライブ会場までの移動と帰りです。
ライブをしてドロドロの疲れた身体で、打ち上げに出ているメンバーが戦っている間に2時間くらいの仮眠をとっていると、
お酒の入ったハイテンション、もしくは泥酔で汚れきったメンバーが帰ってきます。
打ち上げでの楽しそうな話など、どんなパンチがあったのかワーワー話した後にみんなが寝静まる。
そんな中、眠気まなこを擦りながら1人運転するのが辛い!!

辛い。

 

私のバンドReptileが前のメンバーだった時、盛岡でのライブ後、
私は打ち上げに出て運転は二番手を任されました。

一番手だったメンバーがまさかの宮城県、仙台の手前でギブアップ。
せめて仙台までは行ってくれよ。とイライラしつつ
福島・栃木・茨城・埼玉・東京・神奈川と6県の運転は史上最強にしんどかったです。 

 

やめたいLevel.90

 

納車16時間後マグナムトルネード大回転大破! - ラウドバンドのベース女子道

バンドの機材車何に乗ってる?おすすめ車種。 - ラウドバンドのベース女子道

 

バンドが思うように進めなくなった時

 f:id:ReptileNaNa:20161203202410j:image

メンバーの脱退で誘われるイベントに出演できない。
先の予定が入れれない。
自分のバンドへのモチベーションは高いし、お客さんは求めてくれているのに活動ができない時期はもどかしくて心が折れました。

しかし辞めていくメンバーもそれぞれの人生設計があるのでしょうがない。
メンバーが音信不通になったり、いわゆるメンバーに飛ばれたというような経験はないく、予定していたことですが新たなメンバーと出会えるかは運なので、動けない間はもどかしい思いをしました。

辞めたいと思ったよりは、諦めなきゃならないのかと思いました。

 

辞めそうLevel.98

 

最後に

f:id:ReptileNaNa:20161203202341j:image

そんなこんなを繰り返しつつもなんとか今も頑張れてます。辞めたいLevel.100に到達することはあるのだろうか。

頑張って続けてこれたのは、私たちを求めてくれるお客さんがいるからです。

ステージからの素晴らしい景色をずっと見ていたいからです。

頑張ります。
バンドマンの皆様、頑張りましょう。