ラウドバンドのベース女子道

ReptileのベースNaNa榎戸がぶっこんでいくblog!!

【スポンサーリンク】

都心で相手にされないアマチュアバンドは、やや地方で実績を積むべし!

f:id:ReptileNaNa:20170527022728j:image

東京には、名の知れぬ若手バンドが溢れています。

東京のバンドとして、名を知れ渡らせるにはとても大変です。

私は10年ほどバンド活動をしています。

東京都出身で、東京育ち、東京でバンドを始めましたが、バンドマンとしての実績を養ったのは神奈川県の厚木でした。

私のバンド履歴

f:id:ReptileNaNa:20170527022813j:image

このブログを初めて読んでくださる方もいると思うので、まずは私のバンド履歴を紹介します。

どんな奴が書いてんじゃ?っと参考にして下さい。(知ってる人は飛ばしてくだされ)

 

私は専門学校を出て、都内でバンドを組みます。

何個かのバンドに加入したり、新たに組み直したりして、何本もライブをしました。

同じレベルの、客を呼べないようなバンドばかりと対バンします。

その中でも1、2年経つと成長してきて、多少良くなりましたが低いレベルでどんぐりの背比べをしてる感じです。

その2年で、もちろん学ぶこともありライブ経験にはなりました。

しかし、大きく成長できたとは思えません。

都内のあらゆるライブハウスに出演しましたが、本当の意味で育ててくれるライブハウスには巡り会えませんでした。

 

そんな悩んでる時に、厚木サンダースネークをホームとしてるバンドと対バンする機会があり、その箱の長島さんという人がバンドの面倒をよく見てくれるという話を聞き、その箱に出演してみたのです。

 

縁あって、その日に出会った厚木在住のバンド活動経験の乏しい大学生らと、新バンドを結成する事となりました。

そんなスーパーアマチュアバンドで厚木のバンドとして新たに活動を初め、長島さんにお世話になるのです。

 

初ライブは3日連続、厚木サンダースネイクでライブしました。笑

数ヶ月後には名古屋、滋賀という初の遠征を組んでくれました。

さらにその年に全国ツアーにも回らせてもらいました!笑

メンバーはほぼ大学生で、ボーカルにとっては初のバンドでした。

そんなバンドでも、1年で全国ツアーまで経験させてもらいました。

私は都内在住だったのですが、厚木まで2時間ほどかかるので実家を出て、メンバーと厚木でルームシェアを始めました。

次の年も厚木のバンドとして全国ツアー。

結局そのバンドはたった2年間で解散しましたが、濃いーーーー経験をしました。

おかげで全国に知り合いができ、今につながる出会いもたくさんあったのです。

 

はて、私がバンドを始めた際に、都内でやってた2年間はなんだったんだ?と思っちゃいました笑。

バンド始めたてからここでお世話になってればなって思ったのです。笑

 

(現在は都内に戻り、東京のバンドReptileとしてリリースをし、全国各地でライブしとります!)

地方でバンドを始めるメリット

私の経験則からですが、都心部ではないやや地方でバンドをやるメリットは以下のようなものがあります。

  • バンドが少ない分、目をかけてもらえる。
  • 名の知れたバンドと対バンできる。
  • ノルマ、チケットが安い
  • バンドマンのしきたりを学べる

 ひとつずつ見ていきましょー!

バンドが少ないから目をかけてもらえる

都内には、地元のバンドってのはあまりいません。(立川とか、八王子は別かも!笑)

「東京のバンド」って言っても地方から上京してきていたり、いろんな土地の人が集まってたりします。

私が初めにやっていたバンドも様々な土地の人が集まってやってましたし、現Reptileも東京出身は私だけです。(東京っつっても多摩市ですが)

 

けれども少し都心部から離れると、地元で組んだバンド「ジモバン」ってのがいるんですよね。

厚木にきて始めて「ジモバン」って単語を知りました。

厚木の場合、伊勢原、海老名、厚木、?あたりの神奈川な高校を出た地元の人が多くて、地元の仲間って感じでとても温かくていいなーって思ったんです。

 

私は厚木の方にある、東海大学生とバンドを組んだことにより厚木に住み着き、厚木バンドとして活動させてもらいました!

 

当時は「ジモバン」が少なかったので、よく目をかけてもらえました。

私たちはガムシャラにライブで経験を積みたい若い時期だったし、ライブハウス側からしたらスケジュール埋めてくれるしで、地元バンドとして可愛がって貰えました。笑

 

全国をツアーで回っていると、「ジモバン」が不足してるって話をよく聞きます。

 

名の知れたバンドと対バンしたいなら地方を選べ!

アマチュアのバンドが、ある程度名の知れた実践のあるバンドと都内で対バンするのは大変です。(例えば全国リリースしている、ちゃんとしたレーベルに所属してるなど)

 

東京には若手バンドがたくさん溢れています。

それに加え、実践のあるバンドはライブハウスのブッキングにはほぼ出ない!

and

実践のあるバンドは都内では実践のあるバンドとしか対バンしないからです!!

 

しかし、都心を離れたライブハウスには実践のあるバンドがツアーで訪れます。

実践があるバンドでも、地方に行けば行くほど、お客さんを集めにくくなるものです。

すると、「ジモバン」が対バン相手として選ばれ集客を手伝うのです。

都内では対バンできないような、先輩バンドと対バンできるのです。

すると先輩バンドと仲良くなる機会を得れ、良い刺激も貰えて、モチベーションがグングン上がります。

 

我がバンドReptileも東京で、高校生コピーバンドと対バンすることはまずないですが、ツアーで地方に行くと、対バンしたこともありました。

 

若手のアマチュアバンドが実績のあるバンドと対バンをできる機会がバンバン地方にはあります!!!!

 

 ノルマ・チケット代が安い

集客が少ないようなバンドはライブをするのに、チケットノルマを払います。

都内だと2000円×20枚=40000円

とか

2000×15

2500×10

とか様々ですが。

まーその枚数分、客を呼べって事なんですがライブをたくさんしているアマチュアバンドには難しい!!

 

地方だと、

お客さんを、呼ばなきゃいけないチケット枚数は変わりませんが、そもそものチケット代が安い!!!!!

1500円×15=22500

とか、バンドが集まらないと、場合によっては、急遽ノルマなしで良いから出てって誘われる時もあります。

それは、ライブハウスの人との距離が近いから頼まれる事です。

 

チケットノルマが安い分、ライブも多くやれますし、スタジオにだって沢山入れますね。

www.bassnana.net

 

www.bassnana.net

バンドマンとしてのしきたりを学べる

同じライブハウスにお世話になってる先輩バンド、後輩バンドができ、地元バンドで集まる機会が多かったように思います。

そんな中でバンドのあれこれを学べます。

 

そして、

地方の打ち上げは、都内に比べ激しい!!!!

対バンとライブで戦い、打ち上げでも戦わねばなりませんでした笑

「パンチ」の見せ合いです!

各バンドの飲める人間はことごとく招集され飲んで自己紹介なんかもありました笑

 

私はお酒あんまり飲めないので、たまに頑張りました。

 

都内は打ち上げが激しい日と、しっぽりな日と差がありますが、

地方は毎回激しい印象があります。

 

土地によって打ち上げ風景は様々でおもしろいです。

 

 

まとめ

以上が、

私が、

「アマチュアバンドが東京で相手にされなかった場合は地方に行ったらいいんじゃない?」

って思う理由です。

 

自分が経験した事からしか語れないので、

もしかしたら都心でも成長速度を速めてくれるようなライブハウスはあるかもしれません!

 

バンドの活動方法は様々です。

バンドでノルマを払い続けてるバンドは、1つの方法として参考にしてみてください。

 

バンドを初めたてのアマチュアな間は、土地がどこだろうと、ホームにできるライブハウスには出会いたいですね。

 

また地方にお住まいで、

地元でバンドを組めてる方は、東京に出る前に、地元でNo.1を目指してみてはいかがでしょうか?

 

www.bassnana.net