ラウドバンドのベース女子道

ReptileのベースNaNa榎戸がぶっこんでいくblog!!

【スポンサーリンク】

バンドをする事を親に反対されて悩んでる人へ!!音楽専門学校行きたい編!!

f:id:ReptileNaNa:20170921050713j:image

バンドを初めて10年ちょい。

20代も終わりに差し掛かってきましたが、バンドマンとしての生き方しか私は知りません!

早々と高校二年生の時に、音楽専門学校へ行く事を決めました。

両親には反対されなかったけれど(決めたら聞かないからかもしれない笑っ)、今は亡き祖母には反対されましたっ

 

今回は、親や周囲の人にバンドで夢を追う事を反対されて悩んでいる方に向けて、綴ります!

まずは音楽専門学校に行きたいけど、大学進学を勧められている高校生に向けて!!

 

(就職せず、フリーターしながらバンドで夢を追うために親を説得したい方に向けては後日綴ります!)

 

 

音楽専門学校を反対する理由

f:id:ReptileNaNa:20170921051615j:plain

親や周りが音楽専門学校を許してくれない理由は、以下のような理由からでしょう。

  • 音楽で成功するのは一握りの人間だ!
  • 音楽なんて遊びだ!
  • 安定した職について欲しい!
  • とりあえず大学は行け!

 それぞれの言い分についての私の考え

「音楽で成功するのは一握りの人間だ!」

確かにそうでしょう。

武道館に立てる人間は一握りです。

けど、バンドの成功が何かによっては一握りではありません。

 

親御さんは、Mステや紅白に出ることが成功と思ってる場合多いです。

 

でも音楽での成功はそれだけではありません!

メジャーではなくインディーズという道もあります!

 

武道館に立てるのは一握りでしょうが、音楽で生計を立ててる人は一握りではない!

 

「音楽なんて遊びだ」

CDが売れない時代と言われているけど、音楽ビジネスは、廃れておりませぬ。

遊びで終わらすか、お金を生み出すかはその人次第!

お金を払って音楽をやるのか、お金をもらって音楽をできるようになるかは、その人次第です。

 

安定した職について欲しい

公務員でない限り、安定した職というのは難しい現代!

大学行っても良い職に就けるとは限りません。

ただ、専門学校卒業してすぐ就職する人は限りなく少ないのが現実です!

就職しようと思えばできるし、学校によってはちゃんと就職先を紹介してくれるでしょうが、特にプレイヤー化は自分を売り出したいという思いが強いので専門学校後も夢を追うでしょう!

 

「取り敢えず大学には行け!」

 

バンドしたいけど、親に言われたから大学に行く道を選ぶと、中途半端に大学とバンドとをすることになるのではないでしょうかっ。

大学行ってもバンド活動に明け暮れて中退しちゃう人を何人も見てきました!

単位が足りないとワーワーしてる人もよくいる笑っ!

バンドが軌道に乗ってくると、レコーディングに全国ツアー、

CDをリリースすれば、店舗周りという挨拶周りが必須となります。

フリーターでバンドやってても多忙!!

 

大学行くならバンドは趣味にするか、

大学行きながらもバンドを成功させるための健康と、物凄い努力が必要です。

 

反対は、心配してくれてるからこそ!

 

私が音楽の専門学校を選んだ時によく言われたのは、

「我が家に、音楽をやってる人間は1人もいない」

って事!!

うちは、全然音楽一家ではないんです!

自分や周りにその道で成功した人がいなかったら、成功の道筋が見えないもんで、心配から反対したくなるもんでしょう。

 

進路を相談して、反対してくれる人は宝ですね。

本気で応援したり、反対したり、自分の人生について考えてくれる人がいることは幸せなこってす!!

だから、どうしても自分の道を選びたいのなら、反対を押しのけずに、納得させましょ!!

 

私の体験ー!祖母の反対

f:id:ReptileNaNa:20170921051835p:plain

うちの場合は、反対したのは祖母でした。

普段私のやることに口を出したことはない祖母だったので、驚きでした!

その時、祖母は癌を患っていて、余命わずかな状況だったのです。

音楽の専門学校に行くと言ったら、「大学は行っておいた方が良い」と何度も言われました。

それでも音楽の専門学校行きたいんだーと、

様々な専門学校のセミナーに通いまくる毎日に、

最終的に祖母は「女の子は結婚すれば良いから」と諦めのような納得をしてくれました。

私ではなく兄だったらもっとその進路を反対されたのでしょう。

 

その年の夏、祖母は亡くなってしまいました。

 

私はそれから専門学校に行き、様々なバンドをやりました。

バンドのツアー中に大きな事故にあい救急搬送された際には、亡くなった祖母が見てないといいなって思いましたっ。

物凄い大事故だったのですが、全員生きてたのは、むしろ祖母が見守ってくれていたからだろうかっ。

事故の詳しい内容はこちら⬇︎

www.bassnana.net

 

 

そんなこんなでバンド活動とバイトで、ギリギリの生活を長年してきました。

全国流通の夢は果たせましたが、音楽だけで食べて行くということは、今尚ままならずです。

でも、バイトせずとも食べるに困らない収入を得れるようになりましたし、

好きな人達と、時間を過ごせて、好きな仕事をできています。

祖母の安心ポイントである「女の子は結婚すれば良いから」って言葉がたまに頭をよぎりますが、まだ結婚はしてないです。笑

がっ、バンドしながら幸せに生きております!!

 

反対する人を説得する方法

バンドの道に進みたいと親に言う前に、行動しましょう!!

どれだけ本気か、の熱意を見せることが大切です!!

文化祭でチヤホヤされる程度のバンドをやってる高校生が、「ロックスターになる!!」と言っても、厳格な親御さんなら「大学に行け!!!」って言うでしょう。

 

ちなみに私は、ろくにバンドをやってませんでしたし、楽器も始めたてだったけれど音楽専門学校に行くことに決めました。

うちの両親は私のやる事を応援してくれる系なので、説得の必要はありませんでしたが、熱意は行動で伝えましたよ!!

 

とにかく東京中の専門学校のセミナーや学校見学、説明会に行きまくりました!

  • 八王子工学院
  • 日本工学院
  • ESP
  • メーザーハウス
  • ミューズ音楽院
  • TSP
  • 尚美ミュージックカレッジ専門学校
  • パンミュージックスクール
  • アンミュージックスクール

これ全部周りました。(今はない学校もありますね。) 

詳しくはこちら↓

www.bassnana.net

 

 

いくつかの学校は、母と行きました。

音楽専門学校に行きたい方は、そこがどんな場所なのか、お金を出してくれるなら親に見せるのも大事だと思います。

 

そんだけ真面目に進路を考えてる人に対して、頭ごなしに反対はしないでしょう!

 

その進路へ進むために実際に行動に移す、

またはどれだけ音楽が好きで生き甲斐かをアピールしましょう!!

 

しっかり覚悟を持って進路を選ぼう!!

どの職業にも運は多少なり必要ですが、バンド活動において、は運がとても大事です!

運は自分ではどうにもできないですよね。(風水に頼るしかないか!?)

 

人の繋がりが大切な世界ですので、人との繋がりを大切にしていれば、良い話を貰えたりチャンスがあります!!

チャンスが巡ってきた時に掴み取れる実力を備えておくことが大切でしょう!!

 

資格があれば必ずなれる職業ではないし、テストに受かればなれるわけでもない。

実力が備わっていても、運というチャンスが回ってこないとダメだし。

安定のない保証のない職業の1つです。

 

覚悟を持って選んだ上で、説得しましょう!!!!

まとめ

  • 武道館に立てるのは一握りでも、音楽で生計を立ててる人は一握りではない!!
  • お金を払って音楽をやるのか、お金をもらって音楽をできるようになるかは、その人次第!
  • 大学行っても良い職に就けるとは限らない!けれど、専門学校卒業してすぐ就職する人は限りなく少ないのが現実!!
  • フリーターでもバンド活動は超多忙なので、大学行きながらバンドするなら覚悟が必要!!
  • どれだけ本気かの熱意は、行動で示そう!!
  • 安定と保証のない職業の1つなので、その覚悟を持って選んだ上で、説得しましょう!!!!

 

親や祖父母、学校の先生など、反対してくれる人は貴方の人生を心配してくれているのです。

この先の人生で、自分のことのように真面目に貴方の人生を心配してくれる人はなかなか現れないですよ!!

私はそのうちの1人である祖母を亡くしてるので、反対されても選んだバンド人生を幸せなものにしたい!!

 

実際今、バンド生活を幸せに送っているので、安心して見てくれてるといいなーーー。

 

f:id:ReptileNaNa:20170628005354j:plain

NaNa榎戸

 

 

就職せず、フリーターしながらバンドで夢を追うために親を説得したい方に向けては後日綴ります!

 

 

www.bassnana.net

 

高校生向け記事

 軽音部がなくて思うようにバンド活動ができない学生に向けて書いた記事❤︎

www.bassnana.net

 

 専門学校を卒業してみて思ったことを綴った記事↓

 

www.bassnana.net