ラウドバンドのベース女子道

ReptileのベースNaNa榎戸がぶっこんでいくblog!!

【スポンサーリンク】

B型インフルという流行りにのってみて。熱が上がらないは嘘!むずむず病が辛い!笑笑

f:id:ReptileNaNa:20180213040245j:plain

どうも、流行りものが好きでとにかく流行ってるものにはのってみよう!!という精神でいたら、今絶賛流行っているB型インフルエンザになり、ライブを飛ばしてしまったNaNa榎戸です。

 

巷にはB型インフルに対する間違った知識が横行しているんだ!!

実際にB型インフルエンザウイルスに選ばれた私が、実際のところの感想を綴ったります!!!

 

インフルエンザウイルスに選ばれた女の闘病記

9畳くらいかしら、の防音室でバンドメンバー5人とキューキュー音を交えました。

なんだか腰が痛いなー、いつも痛いけど、いつもより痛いなー。

なんだか下腹部が痛いなー、だるいなー、生理がくるには早いしなー。

 

と思いながらスタジオを終え、すったもんだしーの自宅へ帰ると、

これはまた子宮内膜症がぶり返したか?

赤ちゃんでもできたんじゃなかろうか←(そんな儀式はしてないけど)

んで、38度近い熱が出まして。

 

とにかく下腹部が痛かったので、お得意の婦人科系病だろうと思い。

だが救急で行くほどではないので、明日だ!と寝ました。

バンドメンバーには「熱あるんだけど、みんなは大丈夫?」的なラインを送るとみんなは大丈夫そうだった。

 

明くる日、熱は下がっておりピンピン。

下腹部痛もどこかに消えており、予定していた皮膚科でニキビの治療をば。

 

週末には神戸でライブがあるからと、実家によって栄養をもらうことに。

この時の私はすでにインフルエンザウイルスに選ばれていたのだろう。

そんなことつゆ知らず、昔の写真を見つけてはツイートしたりなんかして。

なんだか怠いからアパートに帰らず、実家に泊まりました。

 

起きたら節々が痛い、、

家族はみんな仕事へ、、

一人パソコンを開いて私も仕事をしようとするも、頭がボーーーとする

 

実家を出てしばらくしているため、体温計の場所が分からない!!

(この時、私がいた頃とかの家も変わっちまったなと無駄にエモさ感じた)

 

中好物の納豆ご飯を食べるも、入っていかない、、、

そうこうしているうちに

力尽きて寝る。。。。

 

インフルの人も待合室は一緒!?

次に目覚めた時には症状は悪化していた。

声は出ないし、頭は重い、咳も止まらない。

 

パジャマにコートだけ羽織ってマスクをつけて診療所へ。

 

「とにかく体調がやばくてインフル検査してください」と受付を済ます。

 

診療所はご老人でパンパンでした。

 

インフルであろう私も同じ待合室で待つのか!?

私でさえ死にそうなのに、このウイルスがじいさんばあさんに移ったら死んじゃうんでねーか!?

と思うのに、待合室は一緒。

 

ここのご老人はみんな私が持ち込んだインフルエンザウイルスでお陀仏してしまうんじゃないかと思い、できるだけ咳を我慢したら大きな咳として返ってきて皆様に病原菌を見るような目で見返される。。

 

看護婦さんは、それがふつうといった顔。

 

バカな!!!!

 

そんな状態で1時間半ほどパンパンの待合室で待ちました。

(もしかしたら私以外にも感染症の人いたかもしれないね。)

 

医療費1割負担だから毎日のように来て湿布やら薬やらもらってるんだと話す鈴木さん。

 

その鈴木さんが扉1つ向こうの診察室に入った瞬間、受付の女性に「鈴木さんいっつも黒く綺麗に染めてたのに、久々会ったら真っ白けのおばあちゃんになっちゃって!びっくりよ!」と大声で話すおばあさん。

 

するとやはり聞こえてたのか、診察室から出てきてさっきまで仲良く話してたおばあさんと距離を取り私の横に座る鈴木さん。

 

みんなまとめてインフルです!!!!

 

1割負担だからって病院通い放題はやめた方が良い。

感染病患者が待合室に潜んでいるぞ!

 

1時間待って医者に鼻をほじられB型インフルエンザと診断された私はもう、神戸ライブに出れないとやっちまった感でグワングワン。

 

インフルと判明されても、お会計まで待合室はやはりみんなと一緒。笑

この診療所がやばいのか、、、そんなもんなのか、、、、。

 

B型インフルエンザは熱が出ないらしい。は嘘!

なんでなんでしょうか、

私が「B型インフルエンザになった」と言ったら「B型は熱が出にくいらしいから良かったね!」と謎の良かったねをたくさん言われました。

「熱でない」ではなく「熱出にくい」なんだから、出るやつは出るんだ!!笑笑

しっかり38度出たよ!!

その後4日間くらい高熱に悩まされました。

 

さらなる恐怖!むずむず病!!!!

そんなこんなで、神戸でのライブを私は休むこととなりました。

もちろん私が休んだからといってReptileは出演キャンセルはしません。

私以外のメンバーで神戸ライブをかましてくれました。

(うちのバンドはメンバーの2/5病欠しようとも、ボーカルが病欠しようともライブキャンセルだけはしないのだ。)

 

ぎっくり腰をしようと、足の腱が伸びようとライブを休まない私ですが、感染症はさすがに休まざる終えません。

 

熱が出てる間は、考えることもできずひたすらに寝続けたのですがその後に恐怖は待っていた!!

 

横になって安静にしていると、腰や足、腕がコソコソするのです。

ソワソワソワ、フルフルフル?

虫がそっている感じではなく、皮膚の中に虫がいて歩いてる感じといいましょうか?笑笑

 

なんだかぞぞぞぞ!!てするのです笑笑。

 

とにかく身体中の筋肉?皮膚?勝手に動いてる感覚で、くすぐったいような違和感で寝れないのだ!!

 

何度も立ち上がって身体を動かし「やー!!」と言う。

 

インフルの薬にそのような幻感触を感じるものがあるのか、、、

または神戸ライブに行けない悔しさが今頃身体中を駆け巡って私を寝かさないのか!!!!???

 

言葉にし難いその症状を「なんだかむずむず」とググってみると、むずむず症候群というのが出てきました。

むずむず脚症候群 - Wikipedia

 

「むずむず症候群」って、、、

なんだか笑える。

 

「 脚の中に手を突っ込んでかき回したいぐらい苦しい」

とはまさに私のこの症状と一緒だわ。

 

しかし重症になるとうつ病になったりもする怖い病気らしいです。

 

私の場合、「むずむず症候群」という名称に爆笑し、気休めに鉄分のサプリを飲んだら治りました。

 

 

まとめ

B型インフルエンサは、侮れません。

昨年末に大事な制作期間が待っているからとインフルの予防接種を受けたくて、問い合わせたところどこもワクチン不足で受けれなかったんですよね。

あの時、這いずり回ってでもワクチンのある病院を探していればなー、こんなに何日も無駄にならなかったのに・・・。(結果ワクチンは足りないままだったのかな?)

 

 

今は熱がやっと下がり、無事むずむずも治まりまして、次なる敵は腹下りです。笑笑

現在はトイレと友達ですので、まだお出かけはできません。

けど着実にインフルウイルスを倒しています。

 

 

そういえばうちのメンバーも誰一人、感染しなかったし。

兄・父・母とも感染しませんでした。

 

 

1つライブを飛ばしてしまった分、すごいパワーを次のライブでは発揮しようと思いますのでお待ちしております♡

 

ライブスケジュール

2月17日 渋谷GARRET

18日 今池CLUB 3STAR

24日 厚木サンダースネイク

3月2日 今池グロウ

3日 豊橋clubKNOT

4月1日 今池3STAR/今池REFLECT HALL

チケット予約↓ 

www.reptile-jp.com