ラウドバンドのベース女子道

ReptileのベースNaNa榎戸がぶっこんでいくblog!!

【スポンサーリンク】

昔のバンドメンバーは、時が経っても仲間だなと思った話。

f:id:ReptileNaNa:20180305030845j:plain

先日の打ち上げで、結局バンドが長く続くかどうかは人間として合う合わないかだ。

という話をしてました。

 

確かにその通りだっ!

人生設計や生活環境で辞めざる終えない場合もありますが、音楽性の違いとかって理由は要は人間関係なんだろう。

 

バンドが解散すると、個になる。

他のバンドに入ったら、もうらそちらの人間になる。

でも人間関係が壊れず解散したバンドはいつまでも仲間でいれるんだなと思った今日この頃の出来事。

綴ります。

 

 

 

今がずっと続けば良いのに思っていた時。

私の以前のバンドは、解散ではなく活動休止。

目標を達成するまでの期限があって、その期限内に目標を達成できませんでした。

人間的にみんなの事が心から好きだったし、一緒にいて楽しかった。

仕事分担や全国ツアー中のイライラ、ムカつくこともあったけど、楽しいの方が大きかったので、今がずっと続けば良いのにってガチで思っていました。

 

その界隈は、ライブ後の打ち上げが第二の戦場でメンバーは運転手以外、全員絶対に出ていたし

「〇〇のベースななです!飲みます」と名乗って目立ってパンチを見せねばならなかった。

飲めないなら何か面白いことをしてパンチ。

っていう下戸には辛すぎる世界が広がっていました。

 

2杯で虫ケラと化す私をかばって、VoとGtがよく代わりに飲んでくれたものだっ。

 

メンバーでルームシェアをしていたというのもありますが、一緒に住んでないメンバーも団結していたように思います。

 

ライブと打ち上げで全国に名前を広めていく作業はキツかったです。

でも徐々に知ってくれる人が増えていく過程は面白かったな。

 

そのバンドは後輩よりも先輩ばかりな環境のうちに幕を閉じてしまいましたが、少しでもバンドが進んでいく過程はやりがいに満ちていました。

 

CDは手作り手売りで、何ができたわけでもないバンドだけれど、

今でも名前を覚えてくれている人もいるし、その時に知り合った仲間と今でも対バンすることがあります。(お互い違うバンドをやってたりして)

ライブやりまくって全国ツアーして、酒で虫ケラと化すのは意味があったのかもな笑。

 

同じ努力をしても、結果は違う。

 

Reptileも私が加入した当初はまだノルマを払ってライブをしていました。

地方にも行ったことがなかったし、機材車も持っていなかったし。

 

だけれど、縁があってか運があってか私が加入した次の年には、以前のバンドで目標としてた全国流通をReptileはスッと叶えることができました。

 

前バンドでは、あんなに全国回って必死こいてやってきたのにできなかったことが全国回ったこともないReptileではスッとできちゃったことになんだかなーって思ったことがあります。笑

(もちろん私が以前のバンドをやってる2年間に、けんたくんはReptileを動かしてきてその基盤があってこその結果ですが。)

 

以前のバンドも同じように動いていたのに、メンバー間の雰囲気も良かったし、この違いは何だろうと思いましたわー笑。

 

時代の流行りと楽曲が合ったのか、人間的に面白い人が揃っていたからか、運が良かったのかReptileは、苦労しつつも2枚アルバムを全国リリースできました。

 

いつのまにか周りには後輩が多くなり、若手ではなく中堅バンドになっていて、もう5年も私はここにいる。

 

Tranquillityが止まる時、べらぼうに泣きまくり悔しくて死にそうだったのに、全国流通という叶えられなかった夢を叶えたくてバンドを続けてみて、

 

「Reptileのななです。」と名乗るのがいつの間にか定着していました。

 

たまに以前のバンドに期限がなく、続けられてたら今の位置と知名度があるのかなーと考えることがあります。

 

Vo.の歌は上手くてリスペクトしてたし、楽曲にも自信があったのだけれど。

たぶん、無理だっただろう。

 

Reptileが私の前バンドよりも、トントントンと駒を進めることができたのは、人を楽しませようっていう心意気なんだろうと思いました。

 

オリジナルメンバー1人になってしまっても続けてきたKenta君には、最近凄みを感じます 笑。

 

楽しませようっていう姿勢とか、エンターテイナーな部分とか、

そういえば前バンドには足りてなかったんだなって気づきました。

 

離れてもメンバーは仲間だなーと思った今日この頃。

 

何もないところから作り上げていったバンドだからか、

メンバーでルームシェアしていたからか、

マグナムトルネード3回転事故で救急搬送されるという異様な経験をしたからか、

 

前のバンドへの思い入れって強いです。

 

今のが上手くいってるはずなのに、あの頃と比べてしまう事はある。

あの頃のが若手という辛い立ち場にあっただろうに、今のが辛く感じる時もあり。

 

今のが関わる人間も多いし、知名度が昔よりあるので、知らない人にとやかく言われるし、

いろいろとストレスがピューピュー笑

 

ニキビがポツリポツリとできて、お腹がいたくなったりして、

もうヤーーーってなり

 

 

ふと、先日前メンバーに連絡をしてみました。

たまに会うのだけれどみんなパパになってたり、実家戻ってたり、嫁がいて社会人になっていたり。

心から幸せを願える。

 

バンドを生活の中心に置いているのって今では私だけなのですが、愚痴や悩みをブオォーーーーーーーって話したら聞いてくれるし、親身に的確なアドバイスをしてくれるし。

 

離れても仲間だーなーと、戦う勇気を貰いました。

 

全国流通するまで辞めれない!だったのに、

その目標を叶えると、また次の目標を掲げたくなり、

その間に良い景色を見てしまい、もっともっとヤイヤイヤイヤイといつまで経っても尽きませぬ。

 

「夢は叶えた後よりも、追っている時のが輝いている」って言葉を聞いたことがあるけどそうなのかもしれない。

 

Reptileはまだ夢を追っているので、キラキラと輝けているかしら?

輝いていこうと思いました。

 

 

エモみちゃんちゃんこ。