ガジェット

海外旅行にリアル翻訳こんにゃく!多言語対応の音声翻訳機「Perico」がシンプルな機能で便利!使用感レビュー。

配信アプリにて毎日のように世界中の人々とコミュニケーションをとっているのですが、

日本語ゴリ押し!!!スーパー片言の英語でどうにかやっておりますNaNa榎戸です。

世界各国の言葉を話せるようになったら素敵ですね〜〜。

東京オリンピックもありますし、都内に住んでるからには外国人さんと出会う機会も多くなるでしょう。

私
ドラえも〜〜ん「翻訳こんにゃく」出してヨォ〜〜〜!

っと思ったら、現代にはすでに「翻訳こんにゃく」がありました!!!
多言語対応の音声AI翻訳機「Perico(ペリコ)」

「ペリコ」は、38種類の言語を瞬時に翻訳できるんですって。

ってことで今回「ペリコ」を体験してみました〜!

レビューします!

今回のレビュー品⬇︎

実際に使ってみたレビュー

ジャン!

届きましたっ。

実際に使ってみてレビューしていきます!

ビジュアル

「Perico」は、iPhoneXSよりも一回り小さいくらいの大きさで重さは110gと軽いです。

カラーは3種類!

今回私が使ったのはホワイトです。

男女ともに持てるシンプルさではないでしょうか!

シンプルな操作

仕組みはシンプルで左側に2つボリュームボタンがあり、右側に電源ボタン、中央に自分が話す場合と相手が話す場合のマイクボタンがあるだけです。

画面はタッチパネルになってます。

誰にでも扱えるでしょう!!

まずタッチパネルを上にスワイプして、設定を開きWi-Fiを設定します。

ネットワーク環境ががないと使えないようですね。

マイクは下部にあり、スピーカーは背面です。

試しに私の思いの丈を各国の言語に翻訳してもらいました。

緑色のボタンを押して話すだけです。

3回目こそ失敗しましたが、周りから滑舌の悪さを指摘され続けてきた人生の私でもちゃんと聞き取ってもらえましたw

38か国語に翻訳できます。

逆に相手が何を言っているのか知りたい場合は、相手の言語を選びピンクのボタンを押して話してもらいましょう。

「Perico」の特徴!

翻訳機って他にもありますが、「Perico」の特徴は以下の通りです。

  • ボタンを押して話すだけで翻訳できる!
  • タッチパネルで設定が簡単
  • 繰り返し使う言葉はすぐ表示できる
  • 38ヶ国語に翻訳できる
  • Wi-Fiルーターにもなる
  • 学習にも使える

それぞれ見ていきます!!!!

ボタンを押して話すだけで翻訳できる!

伝えたいことがある時は、緑色のボタンを押して日本語を話します。

選んだ外国語にすぐに翻訳してくれるので、それを外国人さんに聞かせるか表示された文字を見せれば伝えられるでしょう。

タッチパネルで設定が簡単

私は機械系が苦手です。。。。

が、「Perico」は母国語と相手国ごの設定はタッチパネルで簡単に選択できます。

言語を選べばすぐに翻訳でき、無駄な機能は特に無いので扱いやすいでしょう。

繰り返し使う言葉はすぐ表示できる

一度翻訳した言葉は記録されるので、履歴をタップすれば何度でも発音してくれます。

登録などの面倒な作業も入りません。

使っているうちに言語も覚えそうですね。

もちろん聞かれたく無い会話をした時は、履歴を削除できるので安心です。

38ヶ国語に翻訳できる

28種類の言語に翻訳できるので、どんな国の方ともコミュニケーションが取れるでしょう。

対応している言語は以下の通りです。

  • 日本語
  • 英語(アメリカ)
  • 中国語(簡体字)
  • 中国語(繁体字)
  • 広東語
  • 韓国語
  • 英語(イギリス)
  • 英語(オーストラリア)
  • 英語(インド)
  • アラビア語
  • イタリア語
  • インドネシア語
  • オランダ語
  • カタロニア語
  • ギリシャ語
  • スウェーデン語
  • スペイン語(南アメリカ)
  • スペイン語
  • スロバキア語
  • タイ語
  • チェコ語
  • デンマーク語
  • ドイツ語
  • トルコ語
  • ノルウェー語
  • ハンガリー語
  • ヒンディー語
  • フィンランド語
  • フランス語(カナダ)
  • フランス語
  • ベトナム語
  • ヘブライ語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語(ブラジル)
  • ポルトガル語
  • マレー語
  • ルーマニア語
  • ロシア語

英語といえど国によってやや違うので、細かくどこの国の何語かに対応しているのが便利です。

世界中、何カ国かを旅したいなんて時には重宝しそうですね〜!

Wi-Fiルーターにもなる

別売のSIMカードがあれば、3G〜4GのWi-Fiルーターにもなります。

旅先でちょっとネットをしたい時に便利ですね。

学習にも使える

翻訳制度は非常に高いらしいので、語学学習にも良いでしょう。

発音を何度も繰り返し聞くこともでき、覚えられます。

また覚えた言葉を自分で発声してみて、日本語に変換がしっかりできるのか確認してみるのも良いですね。

私も英語で喋ってみて日本語に翻訳してみましたら、

「ハローピカチュウ 」と言ったつもりが「ハローキティー」になっちゃいました。

う〜む!英語の発音は難しいですね。

価格

各色 ¥26,800(税別)

 

詳細&購入はこちら⬇︎

Wi-Fiルーターにもなる夢のAI翻訳機「Perico(ペリコ)」

まとめ

英会話チャンネルとかも見るのですが、実際に外国人とたくさんトークしないと話せるようにはならないとか。

卓上で覚えても日常で使う機会はないと身につかないですよねっ。

旅行や出張、海外の方とコミュニケーションをとる機会が増えた方は翻訳機を使って徐々に話す練習をしてみてはいかがでしょうか!