ラウドバンドのベース女子道

ReptileのベースNaNa榎戸がぶっこんでいくblog!!

【スポンサーリンク】

福島の原発と残された動物と「残された大地」

 

f:id:ReptileNaNa:20170304014057p:plain

引用:残されし大地 | シアター・イメージフォーラム

 

3月11日公開の映画「残されし大地」の試写会に行ってきました。

動物が大好きな私には辛くぶっ刺さる映画でした。。


2016年3月にベルギーで起きたブリュッセル連続テロ事件で亡くなった映画音響技師ジル・ローランが、原発事故後の福島に生きる人びとをテーマに製作したドキュメンタリー映画です。

 

映画は、監督のローラン氏がテロ事件で他界した後、プロデューサーや同僚たちの手によって完成。日本でも「京都国際映画祭2016」で上映され、17年に劇場公開される。

 

STORY

f:id:ReptileNaNa:20170304023210p:plain

画像:http://kiff.kyoto.jp/film/detail/41

 

福島県第一原発から約12キロ離れた福島県双葉郡富岡町。
11年3月11日の福島原子力発電所の事故のあと、町に残された動物を保護し育てるため、富岡町に残ることを決めた松村直登さんは、父とふたりで避難指示解除準備区域の自宅にとどまっている。

半谷信一さんは、背後で除染作業が行われる中、穏やかに農作業をする。

また、お彼岸の墓参りで仮設住宅から南相馬市の居住制限区域(当時)に一時帰宅した佐藤夫妻は、来年こそ故郷への帰還を先祖に誓うが、その手には放射能計測器があった。

故郷に残る者、故郷に戻る者、戻らない者、淡々と進む日常生活の中でそれぞれが語る自然体な言葉から見える、故郷を失った人たちの今とこれからが描かれる。

 

感想

生活音と話し声だけで一切音楽の流れない作品でした。
おかげでリアルに現実を感じられました。
同じ日本の同じ時代に生きて、私が平和に毎日好きな事をして楽しくやってる間にもいろんな生活をしてる人がいるんだなーと感慨深かったです。

 

動物の避難について考えたみた

たくさんの人がペットや家畜を置いて避難せざるおえなかった現実。
惨すぎて辛すぎますが実際自分がその状況になったら、を想像してみました。

ペット達を避難所に連れて行く事は許されない。
しかしそこに留まったら自分の命が危ない。
だけどペット達を置いて避難してしまえば一生ものの傷が心に残ってしまうし、そうなってみないとわからないっと思いました。

人間すら生きるのに必死なんだからそんな事言ってる場合じゃないと動物好きじゃない人は思うかもしれないけど、
ペットと共に、もしくはペット達専用の避難所を設けれるようになればいいなと思いました。
ペットってどこまで?家畜は?と実現は難しそうだけど。

 

っと社会派的な事を真面目に考えてみましたー!

福島の復興、原発問題、動物保護なんかに興味がある方は是非見に行ってみてくだされ❤︎

 監督:ジル・ローラン/出演:松村直登ほか
2016年/ベルギー/76分/提供:祇園会館/配給協力:太秦

2017年3月11日よりロードショー

 

試写会後に動物保護活動をしている女優の杉本彩さんと監督の奥様によるトークショーがありました。
杉本彩さんは動物への愛が溢れていて、奥様はテロで旦那さんを突然奪われたのにとても気丈で穏やかな方でした。

 

 新潟の大震災の時も残されたペットたちが待っていた話が有名になったけど、震災の度にのこされちゃうペットはでてきてしまうんだなー。

 

のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録

のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録

 

 

 

待ちつづける動物たち

待ちつづける動物たち